届かぬ手紙

*

今のこの気持ちを

どこかに書き出さないと

このままだと心が押し潰されてしまうので

ブログに書くことにしました。

弱くてごめんなさい、

許してください。

 

 

 

11月18日の夜、目の前が真っ暗になって

沢山泣いて、心が潰れそうになって

どんな言葉を紡ぐのが

正しいのか分からなくなって

夢なんじゃないか、って思ったけど

次の日朝起きても貴方が

"一時活動休止をする"事は事実で

コップにあった満たんの水を

誰かに捨てられて

一気に空っぽになるような感覚。

心にすごく大きな穴ができました。

全身の力が抜けて

何もかもどうでも良くなってしまいました。

 

でも、

たくさんの選択肢がある中で

この選択をしてくれてありがとう。

もうダメだ、休みたいって

言ってくれてありがとう。

メンバーの皆さんもスタッフの皆さんも

不安な気持ちは私たちと一緒なのに

スンチョルくんの意思、体調を尊重して

この決断をして下さって

ありがとうございます。

 

 

正直、何が正解で何が不正解なのか

わかりません。

ありがとうございます、なんて言ったけど

なんでこんな風になってしまうまで、

と思って怒りの感情もわいてくるし

ほかのメンバーもとても辛そうなのに

こんなスケジュールにして

本人達になにかがあったら、

とも考えます。

でも、これを言ったところでもうスケジュールは変えられなくて。

私はただただ

スンチョルくんに

ここまで頑張ってくれてありがとう、

そしてごめんね、

としか言えないんです。

 

 

スンチョルくん。

貴方は今

どんな思いなんだろう。

 

 

 

今から貴方に届くことの無い

手紙を書きたいと思います______.

 

 

 

スンチョルくん。

"13人でSEVENTEEN"という事を

とっても大事にしていたスンチョルくんが

一時活動休止を選んだこと、

相当だったんだろうな、と思います。

 

 

12人の弟達の先頭に立ち、

彼らを一番に考えて色んなものから守り

私達を優しく包み込んでくれて

その小さな背中に

たくさんの傷を負ったね。

その傷はどれほど深いものなんだろう。

到底、私には理解できないほど

痛くて、苦しいものだと思います。

でも貴方はここまで大きな傷になるまで

その傷に気付くことなく

ここまで頑張ってきてくれました。

いや、

気付いていたのかもしれないけど

気付かないふりをしていたのかな。

 

貴方は自分よりも何よりも

メンバーを大切にし、

私達CARATを大切にしてくれる。

たくさんの愛と優しさで溢れてる人です。

優しすぎるんです。

どんなに辛いことがあっても貴方はそれを

1人でこなそうとする。

メンバーが不安にならないように。

CARATが不安にならないように。

どんなに傷を負っても

それを自力で治そうとする。

こんなの大丈夫だよ、俺は強いよ、って

笑顔で言い切る。

本当は辛くて堪らないのに。

自分の感情に蓋をして心の奥底にしまい込む。

本当はすぐ壊れちゃうのに

そんな姿を隠して

全部、全部全部背負ってきた。

 

 

 

この世に、強い人なんていないと思ってます。

みんな普通の人間で、

嫌なことがあったら悩むし泣くし怒るし、

楽しいことがあったら笑う。

戦う時に

どんなに丈夫な盾を持っていても

戦いが終わる時

その盾にも傷はついているはず。

それと同じなんです。

 

こんな風になるまで

貴方は傷を負い続けました。

もう抱えきれないよね、

1人で傷を治しきれないよね。

ここまで辛かったよね、

責任感の強い貴方だから

こんな選択してごめんね、弱くてごめんね

と思うかもしれないけど

誰も貴方を責めたり咎めたりしないよ。

だから貴方も自分を絶対に責めたりしないで。

悪い事なんて1つもないんだよ。

貴方の幸せが1番だから。

貴方の笑顔が私達の幸せだから。

 

今貴方が背負ってるもの

全部おろしていいんだよ。

お疲れ様。

本当に本当にありがとう。

 

ジャカルタ公演で

スンチョルくんとジョンハンさんが

出演できなくなった時、

Twitterで"私は無力だ"って

言ってる人が多くて

でも私は

'彼らがステージに立つ理由も

彼らに光の海を見せられるのも、

輝く瞬間を作れるのも私達で

私達にしか出来ないことがあるはずだから

きっと無力なんかじゃない、'

 

と、思ってました。

 

 

 

 

 

 

"S.COUPS一時活動休止"の文字を見るまでは。

 

 

 

 

色んな思いが溢れて来るのと同時に

'私はなんて無力なんだろう'

そう思いました。

 

彼がここまで精神的に不安定になるまで

追い詰められてしまっているのに

私は貴方の

キラキラした部分しか知らなくて。

どんな時でもたくさんの目を向けられる中

誰にも見えない所で1人で苦しんで

闇から抜け出そうと必死になって

周りが気付いた時にはこうなってしまって。

たくさん愛をくれて

たくさん笑顔にしてくれて

たくさん支えになってくれたのに

いざ貴方が苦しんでる時

私は何一つあなたのために出来ることがなくて

泣くことしか出来なくて想う事しか出来ない。

アイドルとファンっていう関係な以上

しょうがないってことは分かってるけど

いざこうなると本当に無力なんだなあ、と

実感して辛かった。苦しかった。

貴方にしかわからない苦悩も

貴方にしかわからない葛藤も

貴方にしかわからない辛さも

全部全部分けあえたらいいのに、

 

そう思いました。

 

謝って欲しくないと思うし

こんな事を言ったら

貴方はさらに苦しくなってしまう

かもしれないけど、

 

ごめんね、ごめんなさい。

いつでも貴方は傍で守ってくれていたのに

何も出来なくてごめんね。

傷を癒せる程のたくさんの愛で

包み込んであげられなくてごめんね。

11月7日の幕張公演で貴方は

"僕は皆さんが思ってるより弱い人だけど

皆さんがいるから強くて芯のある人になれます"

と、言いました。

ここまで耐えてしまうほど

強い人間にさせてしまったのか

と今の私は思ってしまいます。

一緒にいてください、と言ってくれたけど

貴方にとってそれが負担にならないのか

心配になってしまいます。

こんな考え方しかできなくてごめんね。

早く元気になって、待ってるね、

っていう言葉でさえ

今の貴方の心には全てが棘のように

刺さってしまう気がして

なんて言ったらいいのか分からないです。

何をどうやって伝えたらいいのか

わからない。

 

貴方がいる事が

今の私には当たり前になっていて

その当たり前がなくなって

"永遠"なんてないんだな

って改めて思ったんです。

当たり前は当たり前じゃない。

わかっていたはずなのに

貴方がくれた愛があまりにもあたたかくて

幸せなもので。

それがずっと続くって思っていたんです。

日常が一気に非日常になった気分でした。

でもTTTはいつも通り配信されて

いつも通り時間は過ぎていって

いつも通り私のタイムラインには

13人の笑顔が映っていました。

 

頑張って日常を取り戻そうとTTTを見たけど

幸せそうに12人の弟達に囲まれて過ごす

貴方の笑顔を見ると涙が止まらなくて

見れなかった。

途中で見るのをやめてしまった。

貴方の笑顔が大好きなのに

今はその笑顔を見るのが辛かった。

泣いても何も変わらないのに。

笑顔を見る度胸が痛んで

どうすることも出来ませんでした。

そしてみんなが持ってる

スンチョルくんへの抱えきれないほどの愛を

見て涙があふれました。

こんなにも必要とされて、愛されている

スンチョルくん。

貴方がこれだけ多くの人に

愛を与えてくれたから

これだけ多くの人が貴方に愛を返したいと

思っているあたたかい世界が

愛おしくてすごく胸がいっぱいになりました。

 

今の私にできることは

彼を待って、回復を祈って

そして

SEVENTEENを応援することくらい。

これくらいしか出来ないし、

空っぽになってしまったものを取り戻すまでに

時間は凄くかかるかもしれないけど、

貴方が暗闇を照らしてくれたように

私も少しでも暗闇を照らせるような

そんな人になれるように

日常を大切に過ごしていきたい。

そして、今までと変わらぬ愛を

貴方とSEVENTEENに注いでいきたい。

 

メンバーのみんなは

空いてしまった穴を埋めようと

努力するかもしれない。

頑張り屋さんしかいないから。

でも今まで通りでいて欲しい。

無理に変わらないでいて欲しい。

頑張りすぎないで欲しい。

アイドルである事があなた達にとって

負担にならないで欲しい。

私には理解できないほどの

プレッシャーも影の部分も沢山ある。

あなた達も不安な気持ちは一緒だよね。

夢を掴むまで先頭に立ってくれた

あなた達の愛するリーダーが

急にいなくなってしまって

私達よりも不安になったはず。

でも、変わらずここに立っていようね。

一緒になって

貴方の居場所はここにあるよって、

手を差し伸べられるように。

きっとスンチョルくんにとって

あなた達は最高で最強の弟達で

永遠に変わることの無い

大切な家族だから。

 

変わらぬ愛をSEVENTEENに、と言ったけど

もしかしたらまた、辛くて苦しくて

貴方のいないSEVENTEENを見るのが

どうしても嫌になってしまう時がきて

泣いてしまうことがあるかもしれない。

でも、それでも少しずつそれを乗り越えて

たくさんの愛を彼らに返していけたらいいな。

 

 

今はただ

ひとりの人として幸せでいて欲しい。

アイドル、SEVENTEENの統括リーダー

S.COUPSとしてでは無く

"チェスンチョル"として幸せで

元気で笑っていて欲しい。

時間はかかるかもしれない。

でも

ゆっくりで大丈夫、

早く回復して、戻ってきてなんて言わない。

自分のペースでいい。

貴方がチェスンチョルとして、

そして

SEVENTEENの統括リーダー

S.COUPSとして

笑顔で過ごせるようになった時、

素敵な笑顔で迎えてくれる人がいる事

たくさんの愛を注いでくれる人がいること

そして

貴方はひとりじゃないこと、

貴方の居場所があること、

貴方に当たるべき一筋の光がある事

12人の弟達と私達CARATがそばに居ること

忘れないでね。

貴方は私にとって大切な存在で、光だよ。

笑顔で"ただいま"と言ってくれとき

その笑顔よりも、輝く笑顔で

'おかえり、スンチョルくん'

と言えるように

あなたに恥じない私でいられるようにするね。

 

 

f:id:Vll____7:20191119175759j:image

 

 

たくさんたくさん、ありがとう。

幸せになろうね、

 

大好きだよスンチョルくん。